メニューを開く

加圧トレーニングで効率よく痩せるには?その4<有酸素編>

こんにちは

プラナガーデン吉祥寺 身体バランス調整士吉田です

今回は「加圧トレーニングで効率よくやせるには?」

回シリーズの 回目、

「有酸素のタイミング」編です。


シリーズ全編はこちらから。

  なりたい自分をイメージする!
  循環力を高める!
  骨格を整える!
  有酸素のタイミング!
  お食事の量とタイミング!



では、行きましょう


加圧トレーニングの効果を最大限に活かして痩せたい方には、

トレーニングののあとに有酸素運動(ウォーキング、ランニング)を、

お勧めしております


そのキーワードとなるのが、

  『成長ホルモン』

 『脂肪分解』です。


まず『成長ホルモン』 聞いたことありますか?

このホルモンは赤ちゃんから10代のときには、毎日出ています

ところが25歳を過ぎると年々下がっていくという傾向にあります。

その名の通り、『成長』するための『ホルモン』です


骨、筋肉、血液、髪の毛、肌など、

ありとあらゆる細胞を作るときに使われます


アンチエイジング を考える上で

とても大切な働きをするので、

『アンチエイジングホルモン』と呼ばれることもあります

この『成長ホルモン』は、

加圧トレーニングによって

通常の290倍も分泌されるのです



そして、『成長ホルモン』は脂肪も分解してくれます。


脂肪はそのままでは血液に溶けませんが、

脂肪細胞と成長ホルモンがぶつかると、

細胞の一部が、

「遊離脂肪酸(ゆうりしぼうさん)」という、

血液に溶ける状態になります。


その段階で運動をすると、運動のエネルギーは

「脂肪の片割れ」である遊離脂肪酸から使われてゆくのです



まとめると、

  加圧トレーニング
 ↓
 ↓
  成長ホルモンが大量に分泌
 ↓
 ↓
 成長ホルモンにより脂肪が分解
   遊離脂肪酸(脂肪の片割れ)が血中に溶け出す 
     ( 脂肪分解は運動直後から2~4時間続きます)
 ↓
 ↓
  このタイミングで有酸素運動 
   脂肪の片割れから燃えていく

 ↓
 ↓
 
 ファイヤー 

 


ということで、

痩せたいと思うのであれば

加圧トレーニング後の有酸素運動は

とても大切です


有酸素運動が苦手な方も、

「今、脂肪の片割れが身体中を巡っているんだ

「脂肪のエネルギーを使っているんだ 」と思うと、

や る気が出てきませんか


ウォーキングやランニング時の姿勢などで相談がありましたら

いつでも私たちトレーナーに相談してください


また、脂肪分解は加圧後、数時間続きますので、

ゆったりとした入浴で疲れを取りつつ

エネルギーを使うという方法も、効果がありますよ



ただし、加圧後に自分の片割れを失った脂肪細胞は、

相手を求めてエネルギーの吸収力を高めます


加圧トレーニングの後に『食べないほうがいい』と言われるのは

そういうことなのですが、その話は、また次回に


では、ごきげんよう


身体バランス調整士 吉田 佳代


------------------------------------------------


〇 HPからのご予約はコチラ↓
http://prana-garden.com/trial/


〇 お電話でのお問い合わせはコチラ↓

プラナガーデン吉祥寺

☎0422-20-4060
平日    10:00~21:00
土日・祝日 9:30~18:30

プラナガーデン二子玉川RISE店

☎03-6805-7592
平日    10:00~21:00
土日・祝日 10:00~20:00

------------------------------------------------


 

 

新着ブログ一覧